日本バプテスト連盟

ようこそ、花野井バプテスト教会のホームページへ。


 花野井バプテスト教会は日本バプテスト連盟に加盟するキリスト教会です。バプテストはプロテスタントの一つです。バプテストは全世界に4000万人の信徒がおりますが、最も多いのはアメリカで、故マーチン・ルーサー・キング牧師、ジミー・カーター元大統領もバプテストです。

 教会には、クリスチャン(信者)だけでなく、すべての方が招かれています。嬰児からお年寄りまで、それぞれに応じた集会もございます。初めての方もぜひ、お気軽にお出かけください。みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

♰2021年1月24日の礼拝宣教要旨     >>English summary is HERE
                                                                                >>礼拝動画はこちら
「種を蒔く人、刈り入れる人」 ヨハネ43538
     イエスはサマリアの井戸端で、人目を避けた生活をする女にご自身がメシア(救い主)である、と宣言された。自らの救いを確信した女は町の人々に触れ回った。一方、イエスは弟子達に伝道について教えられる。
     農作物の収穫時期は、常識的に種を蒔いて四か月後と考えられた。だが主を信じる信仰については、時間の問題ではない。種蒔きの直ぐ後に、刈り入れの時が来る(終末的現在)。その際、種を蒔く人(イエス)と刈り入れる人(弟子達)は異なる。後者は既に「報酬を受け、永遠の命に至る実を集めている」。永遠の命を得た弟子達が収穫する。刈り入れ時には前者(イエス)も一緒に喜ぶ。互いが協力するという姿勢が強調される。サマリアの女も町の人々に福音の種を蒔いた(28-30)。人々に請われたイエスが二日間そこに滞在されると、多くの人々はイエスを救い主と信じた(39-42)。サマリア人とユダヤ人は犬猿の仲だったが、ユダヤ人イエスに協力したサマリア女の働きは大きな収穫へと結びついた。
     社会生活において協力は不可欠で、只今のコロナ危機を協力して乗切る事が世界の課題といえる。伝道する我々はイエスと共に働く。人と人、教会と教会の協働。刈り入れの時、大きな喜びが与えられる。 KK


information お知らせ
新型コロナウィルス感染防止のため、諸集会をしばらく休止といたします。
※詳しくは「礼拝&集会のご案内」のページをどうぞ。


※オンライン礼拝(11:00-)が中心です。

花野井バプテスト教会

 
 
牧師:古賀公一
〒277-0812
千葉県柏市花野井103-11
TEL&FAX 04-7133-9935
e-mail 
hananoi-bc@nifty.com

since Jan. 20, 2009